どのように危険なのはタバコの煙ですか?

たばこの煙は、喫煙者と周囲の誰もが間接喫煙を吸うことに対して非常に危険です。喫煙は健康に最も有害なものの1つと考えられ、ほとんどの先進国で予防可能な死亡原因の第1位です。事実、喫煙は違法薬物、殺人、AIDS、自動車事故よりも年間死者数が多い。

たばこの煙が健康を損なう可能性がある様々な方法があります。最初はタールで、肺に蓄積し、健康なチューブ、気管支、受容器をゆっくりと窒息させます。これは、呼吸困難、癌、および他の健康問題につながる可能性があります。体内の酸素欠乏はまた心臓の問題を引き起こす可能性があります。

タバコ、一酸化炭素およびタバコに存在する他の物質が集中して肺に入るので、タバコの煙はまた、喫煙者の周りの誰にとっても危険です。これは、暴露が頻繁で長持ちする場合、喫煙者が扱うのと同じ健康上の問題の多くにつながります。喫煙者は屋外で習慣を服用するように求められ、喫煙していない人は、バーやレストランの喫煙場所のようなスモークエリアから離れるように勧められます。

たばこの煙の中の一酸化炭素は、酸素の代わりに血液中に吸収されるため、肺の能力を妨げる。時間がたつにつれて、心臓と肺に大きな負担をかけることがあります。なぜなら、身体全体に必要な酸素を送り込むためには、両方がより一層困難になるからです。病気がしばしば結果です。

タバコの煙に付随する一般的な病気には、心臓病、肺気腫、および肺癌が含まれる。これらのすべては潜在的に致死的であり、死亡が起こらなくても被災者の生活をはるかに困難にする可能性があります。喫煙に関連した病気と診断された人は、しばしば喫煙をやめるよう勧められます。たばこの中毒性のために、これは常に可能ではありません。

たばこの煙は、たばこに含まれる物質であるニコチンの影響を考慮すると、さらに危険です。ニコチンはたばこに嗜癖を引き起こし、ほとんどの人で禁煙につながります。いくつかの研究では、たばこはヘロインやその他の違法薬物よりもやめるのが難しいと示唆しています。中毒性があるだけでなく、ニコチンは血圧を上昇させ、心拍数を上昇させ、体にさらなるストレスを与えます。

パッチ、ガム、ロゼンジ、電子タバコはすべて、喫煙者が禁煙するのに役立ちます。彼らはすべて、紙巻たばこのニコチンを徐々に減らすことのできる小さな形に置き換えることによって機能します。喫煙をやめる人は、喫煙による過去の被害から身体を癒すことができるので、完全な生存の良いチャンスがあります。