ビー花粉に多くのカロリーがありますか?

蜂花粉の1ティースプーンには約16カロリーがあります。ミツバチ花粉のカロリーを見るとき、ミツバチ花粉は一般的に健康食品サプリメントとしてのみ使用され、主要な食料源ではないことを覚えておくことが重要です。サプリメントが行くにつれて、16カロリーは珍しいことではありません。比較のために、多くの魚油サプリメントは、1錠当たり10〜15カロリー、1日に1〜3錠の用量を有する。 1日1回茶さじを摂取する場合、蜂花粉のカロリーは体重管理の問題ではありません。

ミツバチの花粉は、タンパク質や数多くのビタミンやミネラルを含む優れた栄養成分のため、スーパー食品とみなされています。多くの人々が蜂花粉を補給しています。これは、寿命の延長から腸の困難の是正まですべてを行うと言われています。これは、一部の人々が毎日推奨用量以上を摂取するように導く。ビー花粉のカロリーは1回量では重要ではありませんが、複数回分のカロリーはすぐに加算されます。

ミツバチ花粉のカロリーは、用量が正しく測定されないと予想以上に大きくなることもあります。カプセル形態で採取された場合、測定はユーザに対して行われる。多くのユーザは、実際には、蜂花粉の味を避けるためにカプセル形態を使用することを好む。ミツバチ花粉が他の形態で採取された場合、ユーザーは補充量を測定することがあります。ティースプーンの代わりに大さじを使用した場合、または眼球の推定値を使用した場合、用量は標準的な小さじ1杯よりも多く、したがってより多くのカロリーを含むことがあります。

カロリーの内容以外の他の栄養情報は、一部のユーザーにとっても重要かもしれません。推奨される茶さじ1杯の用量は心配するほど重要ではない可能性がありますが、大量の蜂花粉は厳格な炭水化物減量摂取後に多すぎる炭水化物を含んでいる可能性があります。例えば、低炭水化物食の非常に厳格な誘導段階に従う人は、蜂花粉の3杯の炭水化物中に6グラム以上の炭水化物を与えることができないかもしれない。特に、非常に厳しい開始段階が20〜30グラム1日あたりの炭水化物の量。アレルギー反応のある人は、ミツバチ花粉の多種多様な成分にも注意を払い、トラブルの兆候を監視し、推奨用量を超えないように注意してください。