ハンバーグの嘔吐をどうやって治療できますか?

こぼれた嘔吐は、通常、安静、体液、および場合によっては過剰な胃酸を中和するのを助けることができる軽度の食物で治療することができる。水分補給はアルコールの利尿作用のために二日酔いを治療するための最も重要な部分の1つであり、不十分な体液置換はしばしばこの不快な状態の影響を延長することがある。あなたの体の自然な限界を超えてアルコールを飲むと、胃の中で複数種類のアルコールを混合することは、吐き気や嘔吐を伴う長い二日酔いのより一般的な原因の2つです。二日酔いの嘔吐のほとんどのケースは1日以内に通過しますが、摂取された食品や液体の長期間にわたる持続的な嘔吐は、医学的注意を必要とするアルコール中毒の徴候となる可能性があります。

大量のアルコールを飲んだ後の翌日は、あなたが嘔吐の時点まで寝たときに気分が良くなる重要な要素です。職場や学校に行ってはいけません。単に電話をして、あなたが嘔吐していることを相手に伝えます。同じ考え方は、予定されている予定や義務のあらゆる種類に適用されます。あなたが二日酔いの嘔吐の発作の間にバスルームへの迅速なアクセスを持っている理想的には、ベッドで休んで一日を過ごしてください。光に敏感である場合は、部屋の窓カーテンを閉めてください。この場合、明るい光が時には酔いどころを悪化させることがあります。

アルコールを飲む前後で十分な水を一貫して飲むことが、酒宴を最小限にする最も効果的な方法の1つです。二日酔いの嘔吐は、体内で毒性のアルコール副産物を吐き出す自然な方法ですが、通常、身体が回復する必要がある他の体液も取り除くことができます。二日酔いから回復しながら一杯の水から一度に少量ずつ服用しますが、胃をさらに刺激することを避けるために、最初は大きなガルプを飲まないでください。スポーツ飲料は、失われた電解質とグルコースを交換するのに適したソースであり、ブドウやリンゴなどの軽度のジュースも、再水和プロセスに役立ちます。

まばゆいクラッカーやドライトーストなどの特定の食品は、二日酔いの症状を軽減するのに効果的です。これらの少量を食べることで、二日酔いの嘔吐の際に胃や喉の両方で灼熱感を覚える壊れたアルコール副産物の酸性効果を軽減するのに役立ちます。この種の食品は、水、ジュース、またはスポーツ飲料の少なくとも1つの飲み物を飲んで保つことができたら、最初はゆっくり食べるのが理想です。