オンライン人格障害検査の正確さはどのくらいですか?

オンラインパーソナリティー障害検査は、精神的健康問題の可能性をスクリーニングする手段として使用されることがあります。テストは、多くの場合、10の障害のうちの1つに基づいているかもしれない短い一連の質問で構成されています。多くのオンライン性格障害検査は無料ですが、そのような問題を適切に診断する資格のある人がウェブサイトをホストすることはできません。個人が正直に答えた場合、テストでは人格障害があるかどうかという一般的な考え方を個人に与えることができますが、オンラインテストは認定医師の診断に取って代わることはできません。

テストは異なりますが、しばしば「はい」または「いいえ」の形式で質問します。オンライン人格障害テストで見つかるかもしれない質問の例は、「私は誰もが私を罵倒していると信じています」と考えています。すべての質問に答えると、受験者の反応が評価され、特定の人格障害の可能性が画面に表示されます。

オンライン人格障害検査の結果は、実際に専門的な助けが必要と思われる人にとって有益です。しかし、試験受験者が正直に質問に答えるだけで、結果は正確になります。一部の人々は、問題や重症度の程度を認めることを望まないかもしれません。彼らはまた、障害が実際よりも多かれ少なかれ悪いと信じるかもしれません。個人が本当に人格障害、特に重度の障害を持っている場合、認可された精神科医または他の精神保健専門家だけが適切に診断することができます。

オンラインパーソナリティー障害検査は、代理人、すなわち、友人または家族が精神的健康問題を有することを心配している人が行うことができる。これにより、テスト結果が多かれ少なかれ正確になる可能性があります。サードパーティーは、テスト質問にさらに分離して正直な回答を提供し、より正確な結果を導くことができます。逆に、彼らは実際に、問題の個人がどのようにして継続的にどのように感じ、行動するかを知ることができない。質問は通常本質的に非常に個人的であり、自分の最も深い考えや感情に対処するため、第三者から提供された回答が完全に正確であることは困難です。

オンライン性格障害検査は、10の異なる疾患について個人をスクリーニングすることができる。これらには、反社会的、回避的、境界線的、依存的、組織的、ナルシシズム的、強迫観念的、妄想的、統合失調性および統合失調性の人格障害が含まれる。いくつかの障害は、他のものよりも診断が容易であり得る。その性質上、一部の障害は人を引き抜き、助けを求めることを避けます。他の障害は、個人を怒らせたり、否定する原因となります。このような状況では、オンライン人格障害テストは役に立たないか正確ではないかもしれません。