フルチカゾンプロピオン酸塩鼻スプレーをどのように管理するのですか?

個々の患者が異なる量を必要とすることがあるので、プロピオン酸フルチカゾン鼻スプレーの指示はしばしば変化する。典型的には、治療に必要なスプレーの量は、年齢によって異なる。配送機構自体はまた、特定の状況において特別な取り扱いを必要とすることもある。

プロピオン酸フルチカゾン鼻スプレーは、人工ステロイドを含む。このステロイドは、炎症を和らげる体内の天然ホルモンの作用を模倣する。あなたがアレルギーに苦しんでいる場合、あなたは鼻水のような望ましくない症状を引き起こす鼻の内部の炎症を持つかもしれません。鼻スプレー送達法は、影響を受けた領域に薬剤を直接投与するのに役立つ。

薬物製造者は、しばしば、その薬物の使用のための特定の指示または推奨事項を有する。このタイプの鼻スプレーの場合、ボトルは、それが適切に機能するための特定の動作を必要とすることがある。キャップを取り外す前に、薬がよく混じっていることを確認するために、常にボトルを振ってください。

ボトルのポンプ機構は、スプレー準備が整う前に、ボトルが新しい場合や、1週間以上使用していない場合は、6回繰り返して押してください。あなたの鼻ははっきりしていて、そうでなければ、吹き付ける前に完全に吹き飛ばしてください。 1つの鼻孔に1本の指を押し、次にフルチカゾンプロピオネート鼻スプレーのノズルを自由な鼻孔に差し込み、ポンプで動かします。

その後、ボトルからスプレーを1回吸い込んだり、アプリケータを押し下げたりして口から吐き出すことができます。成人患者は、一度に複数のスプレーを毎日必要とすることがあります。 18歳未満のお子様は、必要な人数が少なくなる可能性があります。

メーカーによって、また異なるバージョンの薬でもさまざまな指示が出ることがありますので、新しい鼻スプレーごとに添付の説明書をお読みください。ボトルがある量の投与量を保持しているが、すべての投与量を完了した後に空に見えない場合、過剰量は使用に適さない可能性があります。フルチカゾンプロピオネート鼻スプレーアプリケータも詰まっている可能性がありますので、毎週暖かい水で拭き取ってください。

スプレーを過度に使用すると、体内のステロイドホルモンレベルが異常になることがあります。この薬は子供の成長を遅らせることもあり、利益がリスクを上回る場合にのみ適しているかもしれません。他の可能性のある副作用としては、鼻に対する局所的な刺激、めまい、および咽喉および鼻における酵母感染の危険性の増加が挙げられる。