エストラジオールの副作用を避けるには?

投薬を受けてもエストラジオールの副作用を完全に回避する方法はありませんが、予防措置を講じているため、経験するリスクを低く抑えることができます。ほとんどの医薬品と同様に、エストラジオールを服用すると潜在的に遭遇する可能性のある多くの副作用があります。これらの副作用の一部は重度の病状の症状でもあり、発生した場合は直ちに医師の診察を受けるべきです。一般的には、エストラジオールの副作用を避けるために、治療中に医師に定期的に診察したり、必要に応じてライフスタイルを変更したりして、薬を使用する前に医師に相談してください。

エストラジオールを服用する前に、医師に前の病状やその他の薬を教えてください。これはエストラジオールに干渉して副作用に影響を与える可能性が常にあるためです。エストラジオール自体はホルモンであり、ホルモンは特定の副作用のリスクを高める可能性があります。高血圧などの病的状態があり、血栓を発症するリスクが高ければ、あなたの状態にエストラジオールを処方する安全性を確保するために、医師はそれについて知る必要があります。

治療中は、定期的に医師に相談してください。エストラジオールを服用する場合は、通常、6ヶ月ごとに医師に診察を受け、治療について話し合い、病状の継続が必要かどうかについて話し合うことになります。また、定期的な乳房検査やマンモグラムを行う必要があります。あなたの医者を見て、あなたの全体的な状態を評価し、あなたの体が薬にどれくらいうまく反応しているかを評価することができます。現時点では、懸念事項や副作用について話し合う機会があり、特定の状態に合わせて投与量や治療計画が変更された場合はその変更を受けることができます。

エストラジオールの副作用には、腹痛や腫脹、異常な膣出血、ふくらはぎや胸痛などがあります。いくつかのエストラジオール副作用の発生を抑えることはできないかもしれませんが、生活習慣の変化について医師に相談して、特定のエストラジオールの副作用を減らすことができます。例えば、高用量のエストラジオールは、血栓の可能性を高める。タバコを吸うと、喫煙が血栓の発症リスクを高めることがあるため、禁煙を検討することをお勧めします。