ピンク色の眼の感染を避けるには?

ピンクの目の感染を避けるためには、結膜炎とも呼ばれるさまざまな種類のピンクアイと、それらがどのように起こり、伝染するかをまず理解する必要があります。結膜炎のウイルス性または細菌性の症状を避けようとする場合は、症状のある人との接触を制限し、タオルやその他のリネンの使用には注意し、自分以外の化粧品は使用しないでください。一方、アレルギーに起因するような非伝染性のピンク色の目が懸念される場合は、共通の刺激源から目を保護する必要があります。目が刺激されたり、ピンク色の眼に感染していると思われる場合は、医師に相談してください。

ピンク色の眼の感染症は、ウイルスまたは細菌によって引き起こされる可能性があります。それは非常に伝染性であるが、その状態は必ずしも医学的処置を必要とせず、しばしばそれ自体を矯正する。あなたが子供や一般の人と一緒に仕事をしたり、あなたのオフィスや家庭の誰かがピンクの目に感染していることを知っている場合は、その状態に陥るのを避けるために、いくつかの基本的な衛生上の予防措置を取るべきです。頻繁に手を洗って、赤ちゃんの目に感染した人が使用していたリネン、洗面布、タイルを使用することは避けてください。他の人、特にマスカラやアイシャドーなどの目に使用するものと化粧品を共有してはいけません。汚染されていると思われる場合は、目の化粧を外してください。

寒さや上気道感染症に罹っている間に、誰かがピンク色の眼に感染することは可能です。このタイプの感染症は、くしゃみをした後に鼻汁に曝されることによって引き起こされる可能性があります。くしゃみをしたり、くしゃみをしている人の周りにいる場合は、頻繁に手を洗ったり、くしゃみの際に鼻や口を覆ってください。粘液滴が目に入ったり感染するのを防ぐことができます。

あなたが乾燥した目または目のアレルギーの結果として、非伝染性のピンクの目を収縮することを心配しているなら、あなたは目の刺激物を避けるために措置を講じるべきです。たとえば、敏感な目の人のために特別に策定された化粧品を使用し、古い眼の化粧品を定期的に廃棄してください。これらは汚染され、刺激を引き起こす可能性があります。あなたが定期的にドライアイに問題がある場合は、点眼薬や人工涙などの可能な治療について医師に相談してください。また、医師に相談すると、手頃な価格の副作用がない治療法を見つけるのに役立ちます。