適切なイチョウの投与量をどのようにして決定するのですか?

あなたのニーズに合わせて適切なイチョウの量を決めるさまざまな方法がありますが、他のものより安全なものもあります。サプリメントメーカーが推奨する1日量を読んだり、医師や薬剤師と話し合ったりすることから始めることができます。適切な用量を決定するもう一つの方法は、毎日の用量をゆっくりと増やし、副作用を探すことです。これはあなたの医師の監督下で行う必要があります。

適切なイチョウの投与量を決定する最初の方法は、推奨される毎日の手当のサプリメントをチェックすることです。あなたの道標としてこれを始め、記載された金額を取ることを開始してください。これがあなたに求めている結果を与えるように思われない場合は、徐々に投与量を上げるというオプションについて議論することができます。一般的に、イチョウの副作用はまれですが、あまりにも多くを取ると合併症が発生する可能性があります。

イチョウは血液中の血小板に影響を与えることが知られており、他の特定の薬剤の影響を打ち消すことができます。ゆっくりとイチョウの投与量を増やそうとする場合は、出血が起こらないように、血小板を医師が注意深く監視する必要があります。しかし、一般的には推奨されていません。追加のサプリメントを摂取することの利点は、通常、リスクを上回らないからです。

ほとんどの薬草療法と同様に、普遍的に合意された正確なイチョウの投与量はありません。一般的な範囲は1日あたり120〜240ミリグラムです。この量は、通常、2回以上に分けられる。あなたが毎日の消費量を増やそうとするならば、より少ない用量がより安全な経路になります。投薬量を増やす前に医師または開業医に話してください。

あなたが安全に摂取できる量は、現在取っている他の薬にも依存します。血液シンナーやアスピリンを服用している場合は、イチョウを避けるか、最小限の有効投与量をとるように勧められます。投薬を受けていない人や血液に問題がない人は、より高いレベルではより安全かもしれませんが、医療従事者が監視し、決定する必要があります。

イチョウのサプリメントを服用しているとき、ほとんどの人は目立った副作用を報告しません。それらが起こると、吐き気や下痢、めまい、頭痛、または衰弱のような胃の不調を含むことがあります。副作用は医師に報告し、投与量を変更する必要があります。イチョウは医学的に認可されていないため、病気を治療したり治療したりすることはできません。症状を緩和するために症状を緩和するには、症状の重大な原因を除外するために医師に相談してください。ハーブサプリメントの代わりに薬が必要な場合があります。