閉経期の不規則な期間はどのくらいですか?

閉経期の不規則な期間は、古典的に定義されているように、閉経は期間の停止であるため発生せず、女性が約1年間の期間を経験していない場合には考慮されます。非公式には、閉経は月経の徐々に進行する過程として議論され、それを長年にわたり起こっていると記述することができる。月経が完全に終了するまでの期間は、前閉経期または閉経周辺期と呼ばれることがあり、医師は、真の閉経が起こる前のどこからでも、10-15歳のどこかに時間窓を示唆することがあります。多くの女性が、閉経前または閉経期の不規則期に最初に気付き、閉経期に近づくにつれてこれらの不規則性がしばしば増加する。

家族の育児や育児の傾向には、30代や40代後半に子供がいることが多い女性がいますが、純粋に生物学的な観点からは、これは最適な時期ではありません。妊娠と妊娠をサポートする女性ホルモンは、女性が若くても最も安定しており、定期的になる傾向があり、高齢での妊娠傾向はこの決定の原因のいくつかを反映しています。出生率は女性の年齢とともに低下し、ホルモン濃度が低下することも意味します。これは、不規則な期間や信頼性のない排卵などの症状につながる可能性があります。

この例は、閉経前または閉経中の不規則な期間が早期に30歳から始まり、ホルモン産生の信頼性が低いためであることを示しています。女性が過去に例外的に定期的になっていた場合、ホルモンレベルがそれほど低下しないため、時には微妙な変化しか見られないことがあります。不規則な月経をすでに処理している女性は、より顕著な症状に気付くことがあります。これらの変更のほとんどは軽微ですが、それらには進歩的な品質があります。

女性が40代に達するにつれて、不規則な期間がますます増えていきます。ほとんどの女性は約50歳になるまで完全閉経期には達しませんが、ホルモンの変動はますます顕著になります。真の閉経が起こるずっと前に、最初のまばたき、体重増加、うつ病のリスク上昇、およびより顕著な月経前症候群の症状も起こる。

実際の不規則性は、いくつかの点で特徴付けることができます。サイクルは、より離れて、より短く、より頻繁に、または予測不能な長さになり得る。他の変化には、水分保持量の増加または減少、出血の量、気分の変化、または頭痛が含まれる。

ある状況では、閉経期の不規則な期間を理解することは非常に重要です。期間が発生している限り、また高齢女性の出生率が低くても、妊娠の機会はまだあります。通常、女性は閉経期を経ていないとみなされ、1年の期間がない限り完全に不妊になります。一部の女性は、閉経のどの段階にあっても妊娠に対して確実であると誤って判断していますが、これは間違いです。閉経期の不規則な期間が見えるかもしれないにもかかわらず、それらは潜在的な妊娠可能性を依然として表している。

真の閉経が起こった後の出血は正常ではなく、これは重大な健康上の問題を示している可能性があります。期間終了後にこの症状に気付くと、女性は医師の診察を受けなければなりません。