うつ病にデュロキセチンを使用するにはどうすればいいですか?

デュロキセチンは、主にうつ病および全般性不安障害のために使用される薬物であり、一部の国では処方箋によってのみ利用可能である。それは選択的セロトニンおよびノルエピネフリン再取り込み阻害剤(SNRI)の一種であり、したがって脳におけるこれらの神経伝達物質の量を増加させる。医療従事者が経験しているうつ病症状に対してデュロキセチンを推奨または処方している場合は、この薬理学的療法をあなたの全般的治療の1つの側面として使用することができます。デュロキセチンをうつ病にうまく使用する主な要素は、指示を厳守すること、あなたの気分が改善するまでに数週間かかる場合でも、すべての医療従事者があなたの状態を監視し、薬物療法を維持することです。

医療従事者がうつ病のためにデュロキセチンを処方している場合は、その指示に従ってください。あなたは、治療の最初の数週間で徐々に増加する低用量で開始されるかもしれません。毎日ほぼ同じ時間に投薬を受けてください。投薬カプセル全体を飲み込む;カプセルを開かず、投薬や液体との混合を試みる。指示に応じて、デュオキセチンを食べ物または通常の食事の外で飲む。

デュロキセチンを含む多くの抗うつ薬は、一部の患者の気分に重大な変化を引き起こすことが判明している。具体的には、自殺思考、うつ病の増加、敵意、過敏症、パニック発作、不眠症を報告している患者がいます。この理由から、あなたの治療の開始時およびあなたの投薬量が増減するたびに、あなたのヘルスケアプロフェッショナルはおそらくあなたと頻繁な予約を予定しています。あなたの精神状態を監視できるように、予定されているすべての予定を医師に委ねておくことが重要です。客観的な専門家があなたの気分、精神状態、およびこの間の副作用の存在を評価することが重要です。

うつ病のためのデュロキセチンは、通常、症状の改善を実証するのに1〜4週間必要です。いくつかのケースでは、うつ病症状の改善のための時間は、治療レベルに達するための投薬量の必要な調節のために、より長くなる可能性がある。主観的に気分や症状の改善を感じない場合でも、薬物療法の自己管理を続けてください。突然投薬を止めると、改善のために必要な治療レベルに達しないだけでなく、離脱症状を引き起こす可能性があります。

うつ病のためのデュロキセチンのような薬理学的治療は、この病気に対するあなたの治療の一つの側面です。医療専門家と相談し、カウンセリング、運動、不安や自助グループのリラクゼーション技術など、この障害を治療するためのその他の手段について話し合う。あなたがあなたの病気に対処するために使用するツールが多いほど、デュロキセチン療法が成功する可能性がますます高くなります。