カウンター鼻スプレーよりもベストを選ぶにはどうすればいいですか?

あなたの症状とその重症度に基づいて店頭の鼻スプレーを選択することが重要です。ほとんどのスプレーは、風邪、アレルギー、インフルエンザの症状を緩和するのに役立ちます。特に妊娠している場合や授乳中の場合には、有効である可能性が最も低い薬剤で鼻スプレーを選択する必要があります。鼻スプレーの主なタイプは、処方せずに入手可能であり、生理食塩水および塩酸オキシメタゾリンである。

生理食塩水ベースの鼻スプレーは、主に水と塩溶液でできています。これは、鼻づまりや鼻水につながる鼻腔内の炎症組織を落ち着かせるのに役立ちます。ほとんどの場合、生理食塩水ベースのスプレーは妊婦にとっては安全ですが、医療従事者と話すことはまだ重要です。店頭の生理食塩水スプレーの安全性についてまだ分かっていない場合は、塩分の少ない滅菌水を混ぜて自分で作ることができます。子供の品種もあります。

市販されている最も効果的なタイプの鼻スプレーは、一般にオキシメタゾン塩酸塩ベースのものである。指示に従って塩酸オキシメタゾリンを使用し、鼻腔の損傷を防ぐために5日間以上使用しないでください。一般的に、患者は症状が持続する間に各鼻孔に2回または3回のスプレーを12時間に1回使用するように勧められます。

軽度の鼻づまりがある場合は、塩酸オキシメタゾリンをベースとしたスプレーを使用しないでください。彼らは習慣形成することができます。これは、継続的な使用が中毒につながる可能性があることを意味します。これは鼻の組織に重大な損傷を引き起こす可能性があり、寒さやアレルギーがなくなっても症状が持続することさえあります。いくつかの重度の症例では、鼻出血および製品への長期間の依存が生じることがあります。あなたが鼻スプレーに依存する可能性があると思われる場合は、治療オプションについて医療従事者に連絡してください。

寒さの症状を予防するのに役立つ市販の鼻スプレーもあります。一般的に、この製品は、症状が最初に現れ始めるときに使用してください。ほとんどの患者は、一般的に寒さが減るだけでなく症状も減少することに気付く。他の鼻スプレーをアレルギーの治療に使用することができる。

妊娠中の女性には、薬用の鼻スプレー、特に塩酸オキシメタゾリンを含むスプレーを使用することを勧められています。これは主に、開発中の赤ちゃんに薬が及ぼす可能性のある影響についての研究はほとんど行われていないためです。妊娠中に薬の入った鼻スプレーを使用して重度の不快感を感じる必要があると本当に感じる場合は、医療従事者に治療オプションについて話してください。特定の投薬を避けることは、最初の妊娠中に特に重要です。